小さい巣は自分で退治可能|危険なアシナガバチの巣を駆除する方法|業者に任せたほうが安全

危険なアシナガバチの巣を駆除する方法|業者に任せたほうが安全

急ぐ男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

小さい巣は自分で退治可能

作業員

巣が15cm以下が目安

蜂といえば攻撃性が高く、すぐに刺してくる害虫というイメージがありますが、全ての種類の蜂がこうとは限りません。アシナガバチなどは人が蜂や巣に近づいたり、攻撃をしなければ刺してくるという事はほぼないでしょう。ただ、玄関の軒下など生活圏内でどうしても近づく事が多い場所に、蜂の巣が出来てしまったら駆除する必要も出てきます。蜂の巣の駆除は専門業者に依頼するという方法が一般的ですが、巣が小さい場合は自分で取り除く事も可能です。おおむね蜂の巣の大きさが15センチ以下であれば、素人でも駆除する事が出来ると言われています、ただ、自分で駆除できるのは性格が大人しい蜂のみです、スズメバチなど攻撃性の高い蜂の場合は、必ず専門の業者に駆除を依頼しましょう。

自治体に相談してみよう

蜂の巣を見つけた場合、まず自治体に相談する事をお勧めします。自治体で駆除を行う所は少ないのですが、提携している専門の駆除業者を紹介してくれる所も少なくないようです。また、自治体によっては防護服など自分で蜂を退治する際に必要な道具を、無料で貸し出してくれる所もあります。蜂は黒い色に反応して攻撃する事が多いので、白い服を着て駆除をしなければいけません。また、少しでも肌が見えていると、そこを刺される危険性が高まります。専用の防護服の色は白く、しかも生地が厚いので万が一蜂に刺されてしまったとしても、皮膚にまで貫通はしないのです。業者から防護服をレンタルする事も出来ますが、レンタル費用として5000円から1万円の費用がかかります。ですので、自分で蜂の巣を駆除しようと思ったら、まず住んでいる自治体に相談し、防護服などを借りられないかチェックしてみましょう。